Dental Tribune Japan

オーラルヘルスケアは権利であり、贅沢なものではない

By Brendan Day, Dental Tribune International
April 28, 2021

口腔の健康が全身の健康に重要であることはよく知られていますが、手頃な価格で予防歯科サービスを受けられるようにすることは、世界各国で依然として課題となっています。そこで、デンタルトリビューンインターナショナルは、ブラジルのリオグランデドスル連邦大学歯学部の歯科公衆衛生学准教授であるFernando Neves Hugo博士にインタビューを行いました。Hugo氏は、グローバルな健康政策における歯科の役割について論じた最近の論文の共著者でもあります。

[Hugo博士、あなたの現在の研究テーマと、そのテーマに惹かれた理由を教えてください。]
私が公衆衛生の研究者として働いているのは、現時点で10年以上になります。キャリアの初期に、ジェロドントロジーとその公衆口腔保健への影響について研究する機会がありました。このテーマに興味を持ったのは、歯科学生時代に故郷のポルトアレグレの長期介護施設で体の弱い高齢者のケアをしていた経験がきっかけでした。そこでは、複雑なケアを必要とする高齢の病弱な患者さんに、必要な歯科治療を提供するという課題に日々直面していました。

大学院修了後、私はポルトアレグレにあるリオグランデドスル連邦大学で働き始めました。ジュニアファカルティとして、私はこの研究をブラジルにおける口腔衛生、生活の質、医療サービスの不平等性など、他のテーマに拡大する機会を得ました。多くの人は、ブラジルが世界最大かつ最も包括的な公的歯科医療プログラムを有していることを知らないかもしれません。プライマリーヘルスケア内に28,000以上の口腔ケアチームがあり、約1,100の専門的な歯科医療センターが、これらのプライマリーケアチームから紹介された患者を受け入れ、歯内療法、口腔外科、高度な歯周病治療、スペシャルケア歯科、口腔内科などの治療を行っています。これらのサービスはすべて無料で提供されます。

最近になって私は自分の研究が成熟し、世界の口腔保健研究のテーマを検討できるようになったと感じました。これは、口腔保健は贅沢ではなく権利であり、国民皆が保険の一環として取り入れる必要があるという強い信念があったからです。私は、グローバルな口腔保健の研究を追求し、その関連性をグローバルヘルス研究アジェンダの一部として提唱することで、変化をもたらすことができると信じています。

[グローバルヘルスの観点から、従来、歯科はどのような役割を果たし、どのような重要性を持っていたのでしょうか。]
口腔疾患が人間にとって最も一般的な疾患であるという明確な証拠があるにもかかわらず、歯科は口腔疾患をそのように認識させることにあまり成功していません。これは、人口の高齢化とそれに伴う慢性疾患の治療にかかる経済的負担の増加という課題を抱えているため、特に重要です。

例として私は、米国シアトルにあるワシントン大学の健康指標評価研究所に設置された世界疾病負担(GBD)研究プログラムの客員教授として1年間勤務した後、最近ブラジルに戻ってきました。GBD研究は、世界の疾病、障害、死亡を測定する最大かつ最も包括的な取り組みで、500人以上の専任研究者が参加しています。しかし、これらの研究者の中に歯科医師は一人もいません。このことは、グローバルヘルス研究コミュニティが歯科と口腔疾患にどれだけの関連性を持っているかを示す指標であると考えています。このような状況下で口腔保健への関心を高め、リソースを誘導することは、グローバルな口腔保健にとって大きな課題です。

「世界の多くの人々にとって、歯科医療は手ごろな価格ではなく、利用しにくいものとなっています。」

[あなたの知る限りでは、歯科と他の医療専門分野との統合が歴史的に行われてこなかったことが、人々の口腔衛生にどのような影響を与えてきたのでしょうか?]
確かに、歯科医療はこれまで健康全般から切り離されており、歯科医師は他の医療従事者や医療システムとほとんど交流することなく、個別に活動しなければなりませんでした。現在、歯科医師は口腔の健康が全身の健康の一部であることを認識していますが、口腔と全身の健康の間に存在するギャップを埋めるためには、まだまだ多くの努力が必要です。その結果、歯科医療は国民健康保険の課題に含まれていません。FDI世界歯科医師連盟や国際歯科研究学会のような重要な歯科関連組織は関連性があり有用ですが、プライマリーヘルスケアへの口腔保健の統合を確実にするためには、国連のような外部のアクターやオーディエンスとの連携を構築することが不可欠です。

[治療を受ける機会の不平等など、既存の口腔保健問題を解決するために、グローバルレベルで何ができるのでしょうか?]
口腔保健の不平等に対処するための行動は、口腔保健が世界中の保健政策で軽視されてきたこと、そして歯科医療提供システムが破綻しており、世界人口の大部分が手ごろな価格で利用できないことを認識することから始めるべきです。慢性疾患や口腔疾患に対する共通の危険因子へのアプローチ、国民皆保険制度の中に口腔保健を組み込む医療制度改革、そしてすべての人に費用対効果の高い歯科医療を提供するための研究開発など、変革が必要です。私の同僚と私がJournal of Dental Research誌に寄稿した記事で書いたように、口腔保健の不平等に対処するために必要な行動には以下のようなものがあります。

・歯学カリキュラムと教育方法の再検討
・専門家やセクターを超えたチームを結成し、政策立案者があらゆるレベルで健康の社会的・商業的決定要因に取り組むためのコンピテンシーフレームワークを開発する
・社会政策を健康システムに組み込むための戦略を明らかにする
・これらの変化が集団の口腔衛生に与える影響を評価する

[その重要性を、国際的な聴衆や関係者にどのように伝えればよいのでしょうか。]
口腔保健分野以外の人たち、できれば保健分野以外の人たちと協力関係を築くことが重要です。これは、世界的に必要とされている歯科医療提供システムの改革を推進するためには、非常に重要なことです。また、集団行動を促進する機関を設立することも重要です。社会のさまざまな分野から代表者を集め、歯科医療の妥当性を支持、認識する世界的なネットワークを持つことは、歯科医療における根強い不平等に注意を向けるための唯一のチャンスとなるかもしれません。

「記録的な速さで効果的なソリューションを生み出すための科学の重要性は、かつてないほど明確になっています。科学は違いを生みます。」

[あなたの意見として、新型コロナウイルスパンデミックは、グローバルで多次元的な問題としての健康に対する私たちの一般的な理解にどのような影響を与えましたか?]
20年間、歯科公衆衛生に携わってきましたが、これほどインパクトのある危機は経験したことがありませんでした。コネクテッドプラネットの実現に貢献したのと同じ進歩が、数週間のうちに呼吸器系の感染症を世界に広めてしまったことが明らかになっています。

私たちが歯科医師として経験してきたいくつかの変化は、今後も続いていくでしょう。例えば、バイオセキュリティプロトコルの大幅な変更、汚染への恐怖、医療従事者全般への不信感などです。一方で、効果的なソリューションを記録的な速さで生み出すための科学の重要性は、かつてないほど明確になっています。科学は違いを生み出します。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するのに有効な公衆衛生対策は、数週間のうちに多くの国で実施されました。また、免疫学者や基礎科学者、臨床科学者は、数週間で検査をスケールアップした新しい診断ツールを開発し、1年以内にいくつかの有効なワクチンを手に入れました。

現在、唯一確かなことは、パンデミックが国ごとの不平等を悪化させたということです。先進国の大半はすでにかなりの割合の国民にワクチンを接種していますが、貧困国の多くはまだワクチン接種を開始していません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International