多くのスポーツ栄養食品は歯に良くない デンマーク歯科医師会が警鐘

Search Dental Tribune

多くのスポーツ栄養食品は歯に良くない デンマーク歯科医師会が警鐘

健康飲料や健康菓子の中には健康食品と表示するにはあまりにも多くの酸や糖分が含まれるものがあることが、デンマーク歯科医師会の新製品研究により判明した。(写真:Syda Productions/Shutterstock 提供)
Dental Tribune International

Dental Tribune International

金. 15 7月 2016

保存する

デンマーク、コペンハーゲン: デンマーク歯科医師会は、40種類の健康飲料や健康菓子の糖分含有量を評価した結果、スポーツ飲料、パフォーマンス・ジェル、プロテイン・バーの飲食には十分留意する必要があると警鐘を鳴らした。健康的であると表示されているにもかかわらず、評価された製品の多くは、いずれも歯酸蝕症や虫歯の危険性を高める、大量の酸や糖分を含んでいた。

国立食品研究所と歯科医師会が共同で行った調査によって、ほとんどのスポーツ栄養食品には、一般の清涼飲料水や菓子と同程度の糖分が含まれていることが判明した。例えば、500mlのプロテイン・シェークは同量のコーラと同じ50gの糖分を含み、プロテイン・バーはチョコレートをかけたドーナッツと同等の23gの糖分を含んでいた。

デンマーク歯科医師会理事長のFreddie Sloth-Lisbjergは、同会のホームページで、「メーカーは製品を健康的に見せたり魅力的に見せたりするプロである」「しかし多くの場合、このような栄養飲料やプロテイン・バーをトレーニング中に摂取するのは、口腔衛生を犠牲にするようなものだということが、この調査で判明した」とコメントしている。

運動中は、特に歯が酸による損傷を受けやすいとSloth-Lisbjergは強調している。基本的には唾液が歯を守るが、運動中は口腔内は乾燥している。「そんな時に酸度の高い飲み物を摂取すると、ほとんど歯は酸に浸かっている状態になる」と同氏は語る。

Sloth-Lisbjergは、その代わりに運動中は多くの水と果物一切れを摂ることを勧めている。また、多くのカロリー控えめの飲み物のように糖分が少なく酸度の高い製品は、少しずつ飲むのではなく一気に飲んで、その後、水や牛乳で口を注ぐことも勧めている。

機能性食品の口腔衛生への影響に関する長い期間の統計データはないが、これらの製品がより簡単に入手できるようになり、健康のためと同時に、生活の一部と考えられるようになってきていることは確かである。もしこれが消費の増加につながれば、これらの製品の不健康な成分が口腔衛生に悪影響を及ぼすであろうと、Sloth-Lisbjergは力説した。

この調査結果の詳細は、歯科医師会のホームページで見ることができる。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

advertisement
advertisement