Dental Tribune Japan

“Twitter vs 科学” ユーザーがツイート内の科学情報にアクセスする方法

By Dental Tribune International
March 30, 2021

ライデン(オランダ)/大連(中国):ソーシャルメディアのプラットフォームといえば、Twitterは2006年の立ち上げ以来、確かによく知られたブランドとしての地位を確立してきました。このマイクロブログサイトは、政治家や文化人だけでなく、科学者や研究者の間でも人気があり、彼らの仕事を共有するためにプラットフォームを使用しています。新しい研究では、Twitterユーザーがどのように科学をクリックしているかを理解することで、ソーシャルメディアの文脈で科学とのエンゲージメントを向上させることができると示唆されています。

ライデン大学と大連理工大学の科学者たちは、科学に関するTwitterユーザーの潜在的なエンゲージメント行動を調査して、この結論に達しました。最近発表された研究では、学術的なTwitterの言及に埋め込まれた科学出版物への110万件のBitlyの短いリンクについて、Twitter上のクリック指標を調べました。Bitlyは無料のURL短縮サービスです。その結果、約49.5%のリンクはクリックされず、22.0%のリンクは1回か2回しかクリックされていないことがわかりました。10回以上クリックされたリンクは11%に留まっています。また、リンクがクリックされたのは其々の投稿が公開された直後のことでした。

Twitterの仕組みを理解するのは複雑である

デンタル・トリビューン・インターナショナルとのインタビューで、研究の共著者であるライデン大学科学技術研究センターの博士候補者であるチーチョー・ファン氏と科学技術研究センターの上級研究員であるロドリゴ・コスタス氏は、この研究についていくつかの見解を述べています。「科学情報の発信はTwitter上で広く行われていますが(3つの論文のうち1つはツイッター上で何らかの注目を集めています)、ツイッターのコミュニティが科学に反応しているかどうか(そしてどのように反応しているか)についての証拠はまだほとんどありません。私たちは、科学論文へのツイートURLのクリックメトリクスデータから、デジタルフットプリントを科学に遡って追跡できる可能性があることを発見し、科学とソーシャルメディアの相互作用のパズルに欠落している部分を追加することができます。」と説明しました。

ファン氏によると、Bitlyはその生成したショートリンクのクリックメトリクスをアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を通じて公開している唯一のソースであったため、クリックメトリクスのデータ可用性が調査の最大の課題となったといいます。しかし、2020年に開始された新しいAPIバージョンと、そのクリックメトリクスデータの利用可能性に関するポリシーの厳格化によって、より大規模な調査のためのアクセスがますます制限されるようになっています。「記録されたURLクリックデータの共有について、少なくとも調査目的のため、Twitterがよりオープンなポリシーを求めている理由の1つでもあります。」と彼は言いました。「クリックデータのより大きな利用可能性は、科学的情報のTwitterとの相互作用や受信の深層レベルの理解を深めることに貢献するでしょう。」

Twitterは科学的知見を伝えるための強力なプラットフォームである

ただし、その複雑なアルゴリズムと一見低いクリック率にもかかわらず、これはTwitterがコンテンツを共有するための効果のないプラットフォームであることを意味するものではありません。実際、以前の調査では、この目的で最も使用されているソーシャルメディアプラットフォームであるため、科学情報の公開と学術コミュニケーションの改善に重要な役割を果たしていることが示されています。

また研究チームは、分析された110万件のBitlyショートリンクが、あらゆるソース(Twitter、Facebook、YouTubeなど)からのクリック数が1,200万件を蓄積していることを強調しています。

研究者たちは今後、特にクリック数の増加に関連する可能性のあるTwitter関連の機能に焦点を当てて、このトピックを更に調べていきたいと考えています。ファン氏は、Twitterユーザーが共有されたコンテンツに注目を集めるために今できる最善策は、共有コンテンツに関与し、リーチを増やすために他のソーシャルメディアチャンネルを併用することだと結論付けています。

「例えば、ハッシュタグを使ったり、ツイートに「いいね!」をしたり、他のユーザーに言及したりといったTwitterの機能は、Twitter上でのクリック数の増加に繋がるかもしれません。また、Twitterユーザーの「ソーシャルメディア・キャピタル」(例えば、フォロー率の高いユーザー)は、科学論文のクリック数の増加に繋がるかもしれません。もちろん、これらの仮説は今後の研究で実証的に検証する必要があります。社会、医療、環境問題に関連した論文をツイートすると、Twitterのクリックを誘発する可能性が高くなるようです。

この研究は、「科学はTwitterでどのようにクリックされているか?Bitlyの科学論文への短いリンクのクリックメトリクス」と題した研究は、2021年1月23日に情報科学技術協会誌に掲載され、論文への掲載に先駆けて発表されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International