Dental Tribune Japan
News
被災地の災害支援とこれからの課題 ~東日本大震災の活動をふり返って~

September 27, 2012

去る8月28日,香港で開催されたFDI(世界歯科連盟)100周年記念大会の開催前夜に日本歯科医師会(以下、日歯)が主催したJapan Industry Nightで,大久保満男会長が「東日本大震災における歯科医師の活動状況」と題する報告を行い,世界から参集した歯科医師および関係者に深い感銘を与えた。Dental Tribune International(DTI)は,1年半前に日本で起きた大災害と,現地で救援に当たった日本歯科医師会並びに日本の歯科医師・関係者の活動について報告する。

義歯で高齢者のADL保持を                 -求められる医科歯科連携-

September 27, 2012

 最近のわれわれの研究で,在宅療養要介護高齢者の口腔健康状態が生活機能に及ぼす影響をパス解析で検討したところ,歯が少ない(9本以下)者が義歯を使用していないと嚥下障害を引き起こし,ひいては日常生活動作(ADL)の低下に至る可能性が示唆された(Community Dent Oral Epidemiol 2012年8月30日オンライン版)。以下にその研究内容を紹介し,医科歯科連携の必要性を提言したい。

advertisement
プラーク付着で早期死亡リスク上昇 -口腔内衛生不良による,がん死の可能性示唆-

September 27, 2012

   〔ロンドン〕カロリンスカ研究所(スウェーデン・ストックホルム)歯学部門のBirgitta Söder氏らは「スウェーデン人1,390人を24年間追跡した結果,デンタルプラークの持続的な付着により早期死亡リスクが上昇することが確認された」とBMJ Open(2012; 2: 2e001083)に発表した。同氏らは口腔内の衛生不良が感染症や炎症につながり,がん死をもたらした可能性があると推測している。

プラーク付着で早期死亡リスク上昇 -口腔内衛生不良による,がん死の可能性示唆-

September 27, 2012

   〔ロンドン〕カロリンスカ研究所(スウェーデン・ストックホルム)歯学部門のBirgitta Söder氏らは「スウェーデン人1,390人を24年間追跡した結果,デンタルプラークの持続的な付着により早期死亡リスクが上昇することが確認された」とBMJ Open< http://bmjopen.bmj.com/ >(2012; 2: 2e001083)に発表した。同氏らは口腔内の衛生不良が感染症や炎症につながり,がん死をもたらした可能性があると推測している。

プラーク付着で早期死亡リスク上昇-口腔内衛生不良による,がん死の可能性示唆-

September 27, 2012

〔ロンドン〕カロリンスカ研究所(スウェーデン・ストックホルム)歯学部門のBirgitta Söder氏らは「スウェーデン人1,390人を24年間追跡した結果,デンタルプラークの持続的な付着により早期死亡リスクが上昇することが確認された」とBMJ Open(2012; 2: 2e001083)に発表した。同氏らは口腔内の衛生不良が感染症や炎症につながり,がん死をもたらした可能性があると推測している。

advertisement
プラーク付着で早期死亡リスク上昇             -口腔内衛生不良による,がん死の可能性示唆-

September 24, 2012

 〔ロンドン〕カロリンスカ研究所(スウェーデン・ストックホルム)歯学部門のBirgitta Söder氏らは「スウェーデン人1,390人を24年間追跡した結果,デンタルプラークの持続的な付着により早期死亡リスクが上昇することが確認された」とBMJ Open(2012; 2: 2e001083)に発表した。同氏らは口腔内の衛生不良が感染症や炎症につながり,がん死をもたらした可能性があると推測している。

Latest Issues
E-paper

DT Japan No. 2, 2020

Open PDF Open E-paper All E-papers

© 2020 - All rights reserved - Dental Tribune International