Dental Tribune Japan

NHSの歯科活動目標は議論を呼び続ける

By Brendan Day, Dental Tribune International
March 15, 2021

英国のロンドン。1月1日に実施されて以来、英国政府のNHSターゲットの新しいシステムは、歯科専門職の内外から中傷者のかなりの割合を集めています。現在、国会議員(MP)は、英国最大の歯科チェーンであるmydentistが、「新しい目標を達成するために、治療よりも定期的な検査を優先する」ようにメンバーに助言したとして非難しています。

NHSの目標は、昨年末に発表された第7回プライマリ・デンタル・ケアへの備えの書簡で概説されており、その中で歯科専門家には、1月1日から3月31日までの期間にパンデミック前の歯科医療活動の45%を実施しなければならないことが通知されています。これらの活動目標の36%を下回った場合は、財政的な罰則だけでなく、潜在的な契約違反の結果に直面することになります。

英国歯科医師会(BDA)によると、特に英国では現在3回目の国家的なロックダウンが発生しているため、このレベルのサービスを提供することは困難であることが証明されています。同労働組合によると独自の調査データから、英国の歯科医院の79%が2021年の最初の数週間にキャンセルや予約取消が増加しているのに対し、約41%の歯科医院は36%の活動基準値以下で運営されているといいます。

2月9日、ブラッドフォード・サウスのジュディス・カミンズ議員は、英国の下院で、彼女がmydentistの無名の内部告発者から連絡を受けていたことを話しました。彼または彼女はカミンズに、英国全土で600以上の診療を行っている歯科医療提供者が、患者の治療の観点から必要性よりも量を優先するように従業員に指示したことを示す内部メモを提供しました。

「押し付けられたシステムは、我々を最も必要としている人々の選択肢を制限している」-ショーン・チャールウッド博士(BDA)より

「私が警告したように、新たに課されたNHS歯科標的が、パンデミック中の緊急治療への患者のアクセスを実際に積極的に弱体化させていることは今や明らかです」とカミンズは述べました。

mydentistの広報担当者は、カミンズの告発を拒否し、クレームは「真実ではない」と同社が「記録を修正するために彼女に尋ねるだろう」とヨークシャーポストに語りました。

「参照されているブリーフィングは、米国での活動目標を説明するためのNHSのガイダンスに直接基づいており、それを満たすために臨床医が能力を伸ばし、日記を管理することを支援するためのものです。」と広報担当者は付け加えました。

BDAの一般歯科診療委員会の議長であるショーン・チャールウッド博士は声明で次のように述べています。「これは、特定の企業の行動に関するものではなく、政府の目標を患者のニーズよりも優先する政策の失敗の結果です。」

「押し付けられたシステムは、私たちを最も必要としている人々の選択肢を制限しています。これらの目標は放棄されなければなりません」とチャールウッド氏は締めくくりました。

歯科アクセスの問題は全身的なものであることに変わりはない

BDAによると、2020年だけでも1,900万人以上のNHSの歯科治療の予約が取れなかったとのことです。独立した法定機関であるヘルスウォッチ・イングランドの最近の報告書ではこの問題にさらに光を当て、積極的に歯科治療を探している患者の中には、NHSの予約のために最大2年待たなければならないかもしれないと言われていた人もいたことを概説しています。

ヘルスウォッチイングランドの会長、QCであるロバート・フランシス氏は、新型コロナウイルスパンデミックが「NHS歯科における長年の構造的問題の人的影響を悪化させ、現在は危機的状況に追いやっている」とBBCに伝えました。

「緊急治療を必要としている人々を治療し、人々がNHS歯科治療を見つけてアクセスできるように、より正確で最新の情報を提供するためにあらゆる努力を行う必要があります。」と彼は付け加えました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International