Dental Tribune Japan

FDIが2030年までの口腔医療提供のビジョンを共有

By FDI World Dental Federation
February 05, 2021

ジュネーブ(スイス):FDI世界歯科連盟は120年にわたり、世界の口腔保健の向上という目標に使命を集中してきました。最近発表された「ビジョン2030:すべての人のための最適な口腔保健の実現」と題した報告書の中でFDI世界歯科連盟は、当面の間この目標をどのように進めていくかを明らかにしました。

この将来を見据えた報告書は、口腔保健のコミュニティが世界の医療環境における実際の変化と予測される変化のトレンドにどのように取り組み、人を中心としたケアを提供する医療チームの生産的なメンバーとなる機会をつかむことができるかについて概説しています。FDIの主なメッセージは、2030年までに口腔保健は力を与え、エビデンスに基づき、統合された包括的なものになるということです。

また、ビジョン2030報告書では、口腔医療従事者が職業生活を通じて適切なレベルのコンピテンシーを維持することの責任と、医療界や社会の中でより広くリーダーシップを発揮することの必要性を強調しています。

3つの柱は、それぞれが大きな目標を掲げており、システム改革をリードするための知識とスキルを備えた対応力と回復力のある専門職を生み出す教育戦略を示しています。FDIによると、公衆衛生の教育と訓練は、医療従事者が口腔疾患の予防に国民全体でより効果的に貢献することを可能にします。また、最近の新型コロナウイルスパンデミックと同様に、将来起こりうる公衆衛生上の緊急事態に対処する上で中心的な役割を果たすことができるようになります。

間違いなく、SARSや新型コロナウイルスの発生は、患者との直接の接触を制限し、安全に提供できるケアの範囲を制限することで、口腔保健サービスの提供に大きな影響を与えています。同団体によると、これは私たちが生きている不確実な世界を強く思い起こさせるものであり、私たちの専門職が適応力と回復力を備えていなければならない理由の一例となっています。本報告書は、今後10年間の政策や擁護活動の指針となることを目的としているため、特にこのパンデミックに焦点を当てたものではありません。しかし、この危機から何を学ぶことができるのか、また、それが何であれ、次の大きな健康問題に備えるために、専門職はどのように進化すべきなのかを検討しています。

さらに、この報告書では、直面している口腔保健の課題には国や地域ごとの違いがあり、また保健上の優先順位や利用可能な資源にも違いがあることを認識しています。そのため、ワンサイズフィットのアプローチはあり得ません。各国がそれぞれの状況に基づいて本報告書の勧告を解釈することになります。

FDI は、現地および世界の要求事項、新たな健康問題、主要業績指標の達成状況に基づいて、定期的に更新することを意図していると述べました。しかし、これらは規定的なものではなく、現地のニーズ、状況、状況に応じたガイダンスを提供することを意図しています。

柱1
2030年までには、必須の口腔保健サービスがすべての郡の医療に統合され、適切で質の高い口腔保健がすべての人に利用可能で、アクセスしやすく、手ごろな価格で提供されるようになります。

柱2
2030年までには、口腔と一般の人を中心とした医療が統合され、口腔疾患の予防と管理がより効果的になり、健康と福祉の向上につながります。

柱3
2030年までには、口腔保健の専門家が幅広い保健ワーカーと協力して、持続可能な、健康ニーズに基づいた、人を中心とした医療を提供するようになります。

←教育→
2030年までに、医療従事者は、口腔疾患の効果的な予防と管理に適切に貢献し、健康と福祉を向上させるために保健分野を超えて協力するための知識、スキル、属性を持つようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International