Dental Tribune Japan
News
SARS-CoV-2パンデミック渦中のDIY歯科治療

September 24, 2020 | News

ロンドン(英国):SARS-CoV-2パンデミックを受けて、歯科診療が世界中で一部または完全に休業状態になり、定期歯科検診も大幅に延期されている。広範囲に及ぶロックダウンによって患者は、口腔に救急事態が生じても歯科診療を受けられない場合、自らの手による(DIY)歯科治療を行うことになる。

抗炎症コーティングされたインプラントで、術後合併症の低減可能性

September 24, 2020 | News

ハレ/ザーレ(ドイツ):医科用インプラント周囲に生じる慢性炎症反応により、歯科と同様、医科領域でもインプラントに不具合が生じることがある。マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク(MLU)の研究者は最近、体内で望ましくない炎症反応が生じることを抑制するため、インプラントに抗炎症物質を塗布する新たな手法を開発した。このような新規コーティングは歯科領域での応用においても興味深いものになるであろう、と研究者らはいう。

advertisement
FGDP(英国一般歯科開業医会)も歯科における人種差別の経験を発信

September 24, 2020 | News

ロンドン(英国):全世界で行われたBlack Lives Matter(BLM)抗議行動を受け、組織的な人種差別に取り組んでいる他組織と同様、歯科業界もこのような社会正義のために発信を行った。一般歯科開業医会(英国、FGDP)は、イベントを通し人種問題に取り組むため、多数の歯科医による歯科における人種差別の実体験を議論する予定である。

新型コロナウイルスへの感染対策で生じるPPE(個人用防護具)の代償を誰が払うのか?

September 24, 2020 | News

ホーリーリッジ(米国):個人用防護具(PPE)と金ではどちらが価値があるのか? SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)のパンデミックがきっかけで、消費者は、金などの希少鉱物やステータスシンボルよりも自身の健康に重きを置くようになったのか?

COVID-19禍で口腔がんが発見されない可能性あり

September 24, 2020 | News

ダブリン(アイルランド):アイルランド癌学会によると、アイルランドでは毎年、約550人が口腔、頭頸部がんに罹患する。SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)とこれに伴う感染リスクを理由に、患者の歯科受診の機会が減りがちであるため、多数の口腔がんが見逃されたり、かなり末期になって診断されたりする可能性があるとアイルランドの歯科医師会は警告する。

advertisement
診療体制は8割の医院が従来通りまで回復

September 24, 2020 | News

本調査は「Dentwave.com」の会員の歯科医師に対し、定期的な経営状況を確認することにより、新型コロナ感染拡大前後の変化を捉えることを目的とし、2020年4月から実施しています。直近の調査は8月28日~9月1日に行われ、合計191人の歯科医師から回答を得ました。

オンライン診療の歯科の現状と可能性

September 24, 2020 | News

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)禍において、生活のさまざまなシーンで利用が増えている「オンライン化」。医療の世界も例外ではなく、これまで認められていなかった初診においても、時限措置として、オンライン診療で初診料が算定できるようになりました。一方、歯科領域ではオンラインによる診療や受診はどのようになっているのでしょうか。そこで今回は、日本遠隔医療学会・歯科遠隔医療分科会会長であり、日本で初めて歯科のオンライン診療を始めた長縄拓哉先生に、歯科オンライン診療における現状と今後の可能性についてお聞きしました。

デジタル・デンティストリー界初オンラインシンポジウム: 3Shape社主催による24時間ウェビナー・マラソン

June 18, 2020 | Events

コペンハーゲン、デンマーク: 20年以上にわたりデジタル・デンティストリー界の最前線を歩んできた3Shape社は、ソーシャルディスタンスが必要不可欠となった今、グローバル・オンライン・シンポジウムを通じて、歯科業界で活躍するプロの皆様に教育とネットワークを広げるチャンスを提供します。本プログラムは、歯科業界の一流専門家たちが30本ものウェビナーを開催し、その様子を24時間連続でライブ放送するものです。 参加無料の当シンポジウムは、6月19日20時からスタートします。

advertisement
においと疾患の関連性を嗅ぎ分ける「探嗅カメラ」

December 25, 2019 | News

東京:口臭は、疾患を含めていくつもの因子が原因になり得る。タマネギとニンニクを少々食べ過ぎたときよりも強い口臭があると、医師は正確な診断を下すことが困難になる可能性がある。疾患バイオマーカーの検出が困難なために、診断の難しい、いくつかの疾患に対して非常に高感度のガス・イメージング・システム(「探嗅カメラ」)を用いて診断を行うシステムが、日本の研究者らによって初めて開発された。

トゥレット症候群患者を支援する口腔スプリントの開発

December 25, 2019 | News

大阪:歯科医は、患者の口腔以外の問題ではあるが、何らかの形で口腔衛生に影響を及ぼす可能性のあるいくつもの問題に遭遇することがある。トゥレット症候群は不安、抑うつ、低い自尊心の原因になることがあり、破壊的な口腔病変を引き起こすことさえある。トゥレット症候群患者をサポートするために、日本の研究者らが小児および成人のチックを軽減することのできる着脱可能な口腔装置を開発した。

キングス・カレッジ・ロンドン歯学部が世界ランキングで高得点を獲得

December 25, 2019 | News

ロンドン(英国)/上海(中国):新たな世界的調査において、キングス・カレッジ・ロンドンは歯科医学および口腔科学研究において世界第4位にランクされている。Shanghai Ranking Consultancyが実施したこの調査は、キングスを上位10校中で唯一のヨーロッパの機関としてランク付けし、さらに上位8校中で唯一所在地が米国外である機関としてランクインさせた。

歯の治癒における組織再生を亢進させる遺伝子を発見

December 24, 2019 | News

プリマス(英国):歯およびその他の身体組織の再生における幹細胞の有用性は多数の研究によって証明されているが、臨床現場における可能性についてはいまだに証明されていない。国際的な研究者のチームが、歯が治癒する際の幹細胞活性化と組織再生を増加させる特定の遺伝子を発見したことで、歯を修復するための新たな方法が提供される可能性がある。

advertisement
長期研究によるショートインプラントのリスク因子解析

December 24, 2019 | News

標準的なインプラント治療は、無歯顎および部分欠損症例に対する治療方法として広く受け入れられてきた。しかし、重篤な骨吸収が存在する場合には、追加の外科的介入なしでは標準的な長さのインプラントを配置することは不可能である。このような症例にショートインプラントを使用できれば、インプラント歯科医学分野への大きな貢献になると考えられる。最近のある研究で、ショートインプラントの残存率に対するリスク因子が分析された。

口腔がんの早期発見のために今、歯科医院ができること

December 23, 2019 | Interviews | News

口腔がんの発症を公表した著名人のニュースが報道されて以来、口腔がんが、にわかに注目を浴びています。また、歯科医院にも「もしかしたら、自分も口腔がんではないか」と来院する患者さんも増えています。こうした中、口腔がんの早期発見の場として、歯科医院にできることは何か、考えてみたい。そこで今回は、口腔がんの最前線で治療にあたる片倉朗先生に、口腔がん治療における歯科医院の役割や、最先端治療について伺いました。

2019年 世界の主要学会&イベント WATCHING:World pick-up 2019 Ortho Tribune U.S. Editionから

December 23, 2019 | News

アライナーの普及で起きつつある矯正専門医のバーンアウト6つの要因

2019年 世界の主要学会&イベント WATCHING:第38回ケルン国際デンタルショーから

December 23, 2019 | Business | News

進化を続ける口腔内スキャナーと3Dプリンティングの応用

歯科では歯科医の裁量により抗生物質が頻繁に過剰処方されている

October 4, 2019 | News

抗生物質の使用は、依然として議論の余地が残されている。最近の研究で、歯科インプラント感染症の予防における抗生物質の必要性について調査が行われた。筆頭著者のDr. Ismael Khouly(米国ニューヨーク大学歯学部、ブルーストーン臨床研究センター歯周病学・インプラント歯科学副所長)らは、抗生物質の予防的使用は総合的に健常な患者における術後の歯科インプラント合併症に影響を及ぼさないことを明らかにした。Khouly氏はこの話題についてのDTIの取材に、快く応じた。

Latest Issues
E-paper

DT Japan No. 2, 2020

Open PDF Open E-paper All E-papers

© 2020 - All rights reserved - Dental Tribune International