Dental Tribune Japan
News
英国歯科医師会、フィリップ殿下の死を悼む

April 15, 2021 | News

ロンドン(英国):エディンバラ公フィリップ殿下が2021年4月9日金曜日に99歳でご逝去されました。 殿下はその長い人生の中で、多くの活動や団体を支援してきました。その一つである英国歯科医師会(BDA)は、1980年にフィリップ殿下を名誉会長に任命しており、今回の訃報を受けて、フィリップ殿下に敬意を表しました。

ワクチンのナショナリズムは、グローバルヘルスの脅威となる

April 15, 2021 | News

ライプツィヒ(ドイツ):新型コロナウイルスワクチンが2020年末に発売されるというニュースは、世界的なパンデミックとの戦いにおける万能薬であると多くの人が理解していました。実際には一部の富裕国において、ワクチンメーカーが2021年に製造できる量の大部分を、すでに臨床試験が終了する前に購入していました。多くの国は、コバックス(新型コロナウイルスを共同購入し途上国等に分配する国際的な枠組み)に依存しています。コバックスは、開発途上国の医療従事者やリスクの高い人々にワクチンを配布することを目的としています。科学者たちは、公平な分配が行われなければ、世界の公衆衛生に悪影響を及ぼす可能性があると指摘しています。

advertisement
むし歯の発生と予防に関する新たな知見

April 14, 2021 | News

香港(中国)・カリフォルニア州バークレー(米国):中国の研究者を中心とした研究では、口腔内細菌叢が全身の健康に及ぼす影響について調べました。その結果、口腔内に多く存在する細菌「ストレプトコッカス・ミュータンス」が放出する新規の微生物小分子が、う蝕の発生に関連していることを発見しました。今回の研究で得られた新たな知見は、う蝕を予防する方法を見つけるための新たな研究を行う科学者たちの助けとなるでしょう。

ガラスハイブリッド対コンポジット:多施設共同臨床試験における有効性と費用対効果

April 14, 2021 | News

2013年に締結された「水銀に関する水俣条約」により、EU諸国は2030年までに歯科用アマルガムなどの水銀を含む工業製品を供給・廃棄サイクルから完全または大部分を排除することを約束しました。2020年には専門家の意見により、歯科用アマルガムの計画的な段階的削減だけでなく、完全な段階的削減も可能であるという結論に達しました。したがって、歯科用アマルガムは過去の材料となりつつあります。

患者さんの不安を解消するために、歯科チームはどのようなお手伝いができますか?

April 14, 2021 | News

グーテンブルグ(スウェーデン):歯科治療に対する不安要因としてその原因がはっきりしないこともありますが、患者さんに与える影響はよく分かっています。歯の不安が増大すると患者は予約や歯科治療を避け、その結果、口腔内の健康がおろそかになることがあります。スウェーデンのヨーテボリ大学で博士論文のために行われた研究によると、ここ数十年で歯の不安のレベルが大幅に低下しており、口腔の健康に対する予防的なアプローチがもたらす効果が明らかになっています。

advertisement
歯科インプラントにおけるロボット支援「Yomi」は歯学部の学生に教育の機会を提供する

April 14, 2021 | News

ニューヨーク(米国):ニューヨーク大学歯学部(NYU Dentistry)は、米国の歯学部としては3番目にロボット支援による歯科インプラント手術のための機器を入手し、設置・使用しています。「Yomi」は、臨床現場での活躍が期待されています。

スターやソーシャルメディアのインフルエンサーは、クリック数をクリアアライナーの症例数に変えている

April 14, 2021 | News

ニューヨーク(アメリカ):クリアアライナー治療の人気は衰えることを知りません。この治療法が導入される前、ティーンエイジャーの不正咬合は一般的に固定式器具を用いて治療されていました。しかし、ポップアイコンやソーシャルメディアのインフルエンサーたちは、クリアアライナーを最新のセルフケアのトレンドにするのに貢献しています。この記事では、透明なトレーを装着した最も有名な笑顔の数々をご紹介します。

新型コロナウイルスパンデミックの影響を評価する歯科医師たち

April 14, 2021 | News

ジェネーブ(スイス):本日3月20日の世界口腔保健デー(WOHD)を前に、FDI世界歯科連盟は、この間に口腔保健行動がいかに悪化したかを総括した声明を発表しました。パンデミックから1年が経過し、FDIの評議員や会員は、世界中の歯科医院でウイルスが歯や歯肉の健康に与えた壊滅的な影響を目の当たりにしていると述べています。

advertisement
ノースアメリカンデンタルグループとデンツプライシロナ社はパートナーシップを拡大・発展

April 14, 2021 | News

ノースカロライナ州シャーロット(アメリカ合衆国):デンツプライシロナ社とピッツバーグに本社を置く歯科医療支援組織(DSO)ノースアメリカンデンタルグループ(NADG)は、デジタルイメージングソリューションに関連するパートナーシップを延長することに合意しました。プレスリリースの中で、NADGのAndrew Matta博士は、この新しい契約によりDSOが進化し続ける歯科医療に対応することができると述べています。

歯周炎の標的療法への道を開く研究

April 14, 2021 | News

ハレ、ライプツィヒ(ドイツ):歯周炎を治療するための新しいアプローチは、歯周炎の原因となるバクテリアのみを標的とし、無害なバクテリアは使用しないというもので、抗生物質の使用が不要になる可能性があります。これは、マーティン・ルーサー大学ハレ・ヴィッテンベルク校(MLU)、フラウンホーファー細胞治療・免疫学研究所(ライプツィヒ)、PerioTrap Pharmaceuticals社(ハレ)の共同研究によって開発されたものです。研究者たちは、この新しい治療法にはほとんど副作用がないと期待しています。

スコットランドの口腔衛生の大きな不平等は、これ以上拡大する事は許されない

April 7, 2021 | News

エジンバラ(英国):新型コロナウイルスパンデミックの影響で2020年3月以降、歯科医院の患者数が大幅に減少しています。この結果には、政府が指示したロックダウンが一役買っていますが、スコットランドの公衆衛生局が発表した新しいデータによると、英国国営医療制度(NHS)歯科サービスへのアクセスは依然として同国の懸念事項となっています。

新型コロナウイルスワクチンの投与を歯科医師に許可している国はごく僅かである

April 7, 2021 | News

ジュネーブ(スイス):歯科医師は他の口腔衛生専門家と同様に必要不可欠な医療サービスを提供する第一線の労働者です。そのため、多くの国では歯科医師をワクチン接種の優先グループに含めています。しかし、新型コロナウイルスワクチンの接種を歯科医師に許可するのはどうでしょうか? FDI世界歯科連盟が最近行った調査によると、歯科医師によるワクチン投与を許可している国は回答国の3分の1にとどまっています。この結果を受けて、FDIはより多くの国で歯科医師によるワクチン投与を可能にするよう求めています。

advertisement
オーストラリア先住民の口腔衛生に有望な結果をもたらした試験

April 7, 2021 | News

ブリスベン(オーストラリア):オーストラリアでは、先住民と非先住民の間で口腔衛生に大きな格差があります。特にリモートコミュニティに住むオーストラリア先住民は、歯科医院へのアクセスの悪さ、費用、意識の低さなどの要因により、う蝕が多発し、歯科疾患が未治療である可能性が高いことが報告されています。しかし、クイーンズランド州で行われた新しい研究では、むし歯の治療に簡単な介入をすることで、先住民の子どもたちに大きな利益をもたらすことが示唆されています。

米国保健社会福祉省(HHS)、歯科医師および歯科学生に新型コロナウイルスワクチンの接種を許可

April 7, 2021 | News

アメリカ、ワシントン。3月11日の連邦官報での発表によると、米国保健社会福祉省(HHS)は、公共準備・緊急準備法に基づく緊急宣言を修正し、歯科医師や歯科学生を含む追加のプロバイダーに、全国で新型コロナウイルス患者へのワクチン接種を許可することになりました。

米国の歯科衛生士の新型コロナウイルス感染率が低いという研究報告

April 7, 2021 | News

シカゴ(米国):米国では、歯科衛生士の新型コロナウイルス関連の経験について報告した研究がないため、米国歯科衛生士協会(ADHA)と米国歯科医師会(ADA)が共同で、感染率、感染予防・管理手順、関連するメンタルヘルスの傾向を調査しました。その結果、歯科衛生士の感染率は、他の歯科医療従事者に比べて低いものの、米国の一般人口に比べて高いことがわかりました。また、かなりの数の回答者が、不安や抑うつの高まりを報告していました。

歯科技工士に不足している繋がり

April 7, 2021 | News

歯科医院の患者さんに、「歯科チームの中で誰に感謝の気持ちを伝えればいいですか」と聞くと、多くの方が「歯科医師と歯科看護師」と答えます。皆さんはどのような答えが正しいと思いますか?歯科医師が適切な医療サービスを提供するためには、歯科医師のチームなくしては成り立たないことは、誰もが認めるところでしょう。GDC(General Dental Council)に登録されている歯科チームのメンバーは、臨床歯科技工士、歯科衛生士、歯科看護師、歯科技工士、歯科療法士、歯科医師、歯科矯正療法士です。残念ながら、新型コロナウイルスのパンデミックの間、このチームの一部のメンバーは平等に扱われていないように思えます。今回は、歯科チームに不可欠な存在である歯科技工士についてお話したいと思います

スマイルダイレクトクラブ、遠隔歯科治療の受け入れ拡大を評価

April 7, 2021 | News

テネシー州ナッシュビル(米国):矯正歯科のディスラプション企業であるスマイルダイレクトクラブ(SDC)は、昨年の第4四半期の売上とクリアアライナーの症例数がわずかに減少したと報告しました。しかし、同社の会長兼CEOであるDavid Katzman氏は、SDCの継続的なグローバル展開の概要を説明し、パンデミック下で消費者や歯科医が、同社の消費者直販の歯の矯正ビジネスモデルをより多く受け入れていると述べました。

ADXメルボルン、インパーソナルイベントとして開催決定

April 7, 2021 | News

メルボルン(オーストラリア):オーストラリアでは、現地で感染した新型コロナウイルスの症例がないため、生活の多くの要素が正常な状態を取り戻しています。その一例が、2021年に開催されるオーストラリア最大の歯科展示会「ADXメルボルン」です。この展示会では、バーチャルな要素と、メルボルンに来ることができる歯科医師を対象とした物理的なシンポジウムが行われます。

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International