歯科用マイクロスレッドインプラントは歯槽骨頂部の骨を保護する可能性がある

Search Dental Tribune

歯科用マイクロスレッドインプラントは歯槽骨頂部の骨を保護する可能性がある

E-Newsletter

The latest news in dentistry free of charge.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
本研究で報告された各種マイクロスレッドインプラントと歯槽骨頂部の骨吸収(画像:Ahmad M. Al-Thobity、Ahmad KutkutおよびKhalid Almas;The Journal of Oral Implantology;Allen Press Publishing Services)
Dental Tribune International

By Dental Tribune International

月. 20 11月 2017

save

米国ケンタッキー州レキシントン市/サウジアラビア、ダンマーム:機械研磨表面または従来の粗面を有するインプラントと比較して、マイクロスレッドネックデザインのインプラントが高い有効性を有することが研究者によって確認された。研究結果は、第1のデザイン(マイクロスレッドネックデザイン?→それで良いと思います。)のインプラントの使用により、歯槽骨頂部の骨吸収が低減されることを示した。さらに、その形状は、インプラントの初期固定の改善に寄与する可能性がある。

ケンタッキー大学(所在地:レキシントン)およびダンマーム大学の研究者により、マイクロスレッドネックデザインが、インプラントの固定に不可欠な歯槽骨頂部の骨保護に及ぼす影響について調査された。本研究にあたって、研究者は、1995年1月から2016年6月までに公表された23の論文を、3つの電子データベース上で関連キーワード検索により入手し、分析した。これらの分析から、より深いスレッドをインプラント上に追加することにより、インプラントと骨(特に、弱い骨)との固定を改善することが可能であるとともに、マイクロスレッドネックデザインのインプラントを使用した場合、機械研磨表面または従来の粗面を有するインプラントと比較して、歯槽骨頂部の骨吸収が低減されると研究者は結論した。形状がインプラントに加わる応力と歪みの量に影響を及ぼすことが、研究者の知見によって示された。

研究者は、異なるタイプのインプラントが骨吸収にどんな影響を及ぼす可能性があるのかを評価するために追加の試験を実施するよう勧告した。さらに彼らは、将来の研究では、標準化された撮像手法を用いて、マイクロスレッドネックデザインのインプラントの骨造成部位への留置について評価するよう提案した。

本研究の表題は、『Microthreaded implants and crestal bone loss: A systematic review(マイクロスレッドインプラントと歯槽骨頂部の骨吸収:システマティックレビュー)』であり、『Journal of Oral Implantology』の4月号で公表された。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

advertisement
advertisement