スマートフォンは口腔衛生に悪影響を及ぼすのか?

Search Dental Tribune

スマートフォンは口腔衛生に悪影響を及ぼすのか?

E-Newsletter

The latest news in dentistry free of charge.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
Iveta Ramonaite, Dental Tribune International

By Iveta Ramonaite, Dental Tribune International

水. 28 4月 2021

save

テルアビブ(イスラエル):デジタル技術は私たちの社会に深く浸透しており、インターネットのない世界を想像するのは難しいでしょう。かつては日用品だったスマートフォンは、今ではほとんどの人にとって必需品となり、無限の可能性を与え、世界への扉を開いてくれます。しかし皮肉なことに、スマートフォンを使いすぎると社会的に孤立してしまうこともあります。新しい研究では、スマートフォンやソーシャルメディアの使い過ぎが、歯ぎしりや顔面の筋肉痛など、特定の健康問題を引き起こす可能性があることも分かっています。

インターネットのおかげで、私たちは世界の知られざる場所にアクセスしたり、新しい文化を体験したり、家族や友人と繋がっていたりする事ができます。パンデミックの際には、多くの歯科医院が緊急の治療を必要とする患者にテレデンティストリーを提供するなど、インターネットは私たちの口腔内の健康維持にも役立ちました。また、歯科医療従事者が最新の技術や進歩に対応するために、オンライン教育の機会を提供しました。

しかし、すべての人がインターネットの自由とそれに伴う危険性を支持しているわけではないとしたらどうでしょうか。例えば、ハレーディーのように、インターネットの使用を避けている宗教団体もあります。これは、ハレーディーがラビの助言に従っているためです。そのため、超正統派ユダヤ人とも呼ばれるこのグループのメンバーのほとんどは、「コーシャー」と呼ばれるスマートフォンを使用しています。このスマートフォンには、限られた種類のアプリケーションしか用意されておらず、ブラウザも搭載されていません。これは、世俗主義や、特に若い世代にとって有害であるとみなされているポルノなどの不適切なコンテンツに人々をさらすことがないようにするためです。

●スマートフォンの使い過ぎがもたらす負の側面

テルアビブ大学のMaurice and Gabriela Goldschleger School of Dental Medicine(モーリス・アンド・ガブリエラ・ゴールドシュレッガー歯学部)の研究者たちは、日常生活でスマートフォンを多用する傾向にある世俗的な人々のスマートフォン利用と、インターネットに接続できないコーシャーフォンを使用している人が大多数を占める超正統派の人々のスマートフォン利用を調査しました。18歳から35歳までの600人を対象としました。研究者たちは、携帯電話の使い過ぎに関連して、不安、夜間に目が覚める傾向、携帯電話を使える状態にしておく必要性、ブラキシズム、顎の痛みなど、特定のネガティブな側面について調査しました。

「私たちは、これらの症状がFOMO(見逃しの恐怖)に関連していると考えています。」と、テルアビブ大学歯学部の共著者であるPessia Friedman-Rubin博士は、プレスリリースで述べています。

「人々は、何かを見逃すのではないかと心配して常に携帯電話を使用し、WhatsAppやFacebookなどのアプリをチェックしています。」

「その結果、携帯電話への依存度が高まり、ストレスや不安を感じるようになり、誰かがソーシャルメディアに何かを書き込んでも、自分はそれを見逃してしまい、輪に入れないという気持ちになるというサイクルが生まれています。要するに、携帯電話は多くの人にストレスを与えており、それが身体的にも現れているのです」と述べています。

「電話は実際に多くの人々にストレスを与えており、その身体的な症状が見られます。」- テルアビブ大学、Pessia Friedman-Rubin博士より

調査結果によると、携帯電話依存症と、ストレスや不安に典型的に関連するマーカーであるブラキシズムや顎の痛みとの間に明確な関連性があることを立証しました。また、携帯電話の使用頻度が低い被験者は、睡眠の質が高く、睡眠の妨げになりにくいことがわかりました。携帯電話をよく使う人では、45%の人が「常に携帯電話を使えるようにしておく必要がある」と回答し、50%の人が「携帯電話が中程度のストレスになる」と感じていることがわかりました。一方、コーシャー携帯を使用している人では、「常に携帯電話を使える状態にしておく必要がある」と感じている人は22%、「携帯電話がストレスの原因になる」と考えている人は20%にとどまりました。

過度のスマホ使用は、口腔内の健康にも問題をもたらすことがわかりました。通常のスマートフォンユーザーの約24%が、日中に歯ぎしりをしていると回答し、21%が夜間にブラキシズムを経験していました。これに対し、コーシャースマホを使用している参加者のうち、日中に歯ぎしりをしていると回答した人はわずか6%、夜は7.5%でした。また、通常のデバイスを持っている人の約29%が顎の筋肉に痛みを感じていると回答したのに対し、コーシャーフォン使用者は14%が痛みを感じていると回答しました。

最後に、携帯電話の過度の使用は睡眠を妨げることがわかりました。通常のスマートフォンユーザーの半数以上が夜間に目が覚めると回答したのに対し、コーシャーフォンユーザーでは5分の1にとどまりました。

この結果を受けて、研究者たちは、健康への悪影響を避けるために電話の使用を制限することを提案しました。Friedman-Rubin氏は次のように述べています。「私たちはもちろん技術の進歩を支持しますが、人生のあらゆるものと同様に、スマートフォンの過剰な使用は負の症状を引き起こす可能性があります」と述べています。最後に、スマホの使い過ぎが心身に及ぼす悪影響について、一般の人々が認識すべきだと述べています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

advertisement
advertisement