Dental Tribune Japan

痛みのない歯科治療を実践するための5つのステップ

By Jeremy Booth, Dental Tribune International
January 26, 2021

アメリカのオレゴン州、ポートランド:調査によると、歯科専門家の75%が筋骨格系の痛みを訴えており、現在では新型コロナウイルスの大流行が更なるストレスと身体的労作を引き起こす事で問題に拍車をかけています。 『歯科診療の痛みを無くす:痛みを予防し、キャリアを伸ばす為のエビデンスに基づく戦略』の著者であり、ポートランドのオレゴン健康科学大学で人間工学の臨床講師を務めるベサニー・ヴァラチ博士は、1月13日にライブ・ウェビナーを開催し、歯科診療の痛みを取り除くことを目的とした彼女の5つのステップ・システムの概要を説明します。

歯科医療における臨床と技術の大きな進歩にもかかわらず、歯科医師における腰痛の有病率は、今日でも40年代半ばと同じです。歯科医師の4分の3が筋骨格系疾患を訴えており、早期退職した歯科医師の3分の1は、その症状が原因で退職しています。

ヴァラチ氏によると、痛みは歯科診療に必要はないと言います。しかし彼女は「残念ながら、多くの歯科学校や衛生学校では、包括的な証拠に基づいた人間工学的およびウェルネス教育を教えていません。また、多くの歯科機器メーカーは、実際に痛みの症候群を引き起こす可能性のある非人間工学的な機器を提供している」と述べています。

ヴァラチ氏はデンタルトリビューンインターナショナル(DTI)に対して、歯科における痛みの有病率が低下していない理由として、通常、痛みの病因が正確に認識されておらず、介入や製品開発がエビデンスに基づいて行われていないことが多いためと説明しました。
「病因を正確に認識しなければ、効果的な介入を実施することは不可能です。歯科医師はまず、患者の痛みの問題点や原因を特定しない限り、患者の治療を望みません。同様に、手術室での仕事に関連した痛みの病因を特定する事は、効果的な介入を決定するための第一歩です」と彼女は述べています。

無料ウェビナーでヴァラチ氏は、歯科医が痛みを軽減または排除するための5つのステップの概要を提供します。エビデンスに基づいた適切な歯科エルゴノミクスを手術室で実践すること、2種類の運動を定期的に行うこと、筋膜の健康管理、交感神経系のダウンレギュレーション等、対処すべき重要な分野がいくつかあると説明しました。

ヴァラチ氏は、これらのエビデンスに基づいた介入を適切な順序で実施する事が重要であると述べています。
「歯科専門家が特別な治療法や薬、運動ルーティーンで痛みを解決しようとしても、最初の場所で痛みの問題を引き起こした可能性の高いオペ室の環境に戻ってしまうのは、あまりにも一般的です。従って、歯科の人間工学に基づいた介入は、私達のシークエンスの中でまず第一であり、何よりも優先されます」と彼女は強調しました。

問題のある手術室の人間工学を修正することが最初に取る行動であるべきです」とヴァラチ氏は言い、このプロセスは歯科開業医が自分自身にいくつかのシンプルながら重要な質問をする事から始まると付け加えました。
身長、腰椎の湾曲、性別、体格などから、どのようなオペレータースツールを使えばいいのでしょうか?そして、私のルーペは首の健康を改善しているのか、それとも傷つけているのか?

「今、これまで以上に、歯科専門家は、エビデンスに基づいた人間工学とウェルネス教育を利用する必要があります」

歯科医師はすでに新型コロナウイルスパンデミックの影響を大きく受けていますが、更に長期的な影響として、診療に関連した痛みが増加する可能性があります。「新型コロナウイルスパンデミックが始まり、重い個人用保護具(PPE)が使用されるようになってから、歯科医師は首の痛み、疲労、頭痛、脱水症状の増加に気付いたかもしれません。重いPPEは、私たちの体を不適切に使用する原因となり、ストレス、頭痛、脱水症状、疲労の増加をもたらします」とヴァラチ氏は説明しています。

彼女は、重いPPEの使用とストレスから生じる身体的症状は、正しい戦略を実施することで防ぐことができるとデンタルトリビューンインターナショナル(DTI)に語りました。「現在、歯科専門家はこれまで以上に、エビデンスに基づいた人間工学とウェルネス教育を受ける必要があります」と彼女は述べ、ターゲットを絞ったエビデンスに基づいた介入により、診療に関連した痛みを軽減または除去することができると付け加えました。

ヴァラチ氏の無料ライブウェビナー「痛みのない歯科治療を実践するための5つのステップ」は、1月13日(水)午後1時(米国東部標準時)に開催され、参加者は継続教育の単位を1つ取得することができます。詳細と登録方法については、DTスタディクラブのサイトでウェビナーのお知らせをご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International