Dental Tribune Japan

デジタルデンティストリー時代を代表する口腔内スキャナー、「Primescan(プライムスキャン)」が登場

By By Dental Tribune Japan
September 30, 2019

世界初の歯科用CAD/CAMを発売して以来、30年以上光学デジタル印象を提供してきたデンツプライシロナ株式会社が、7月22日(月)、口腔内スキャナーの最上位機種となる「Primescan(プライムスキャン)」を発売した。 発売に先立ち、7月14日(日)に東京・赤坂インターシティコンファレンスで新製品発表会を開催。訪れた歯科医療関係者に、実際にPrimescanを使ってもらい、高い評価を得ていた。

新製品発表会

エンターテインメント性を取り入れた発表会を開催

デンツプライシロナの新製品発表会には、約200名の歯科医療関係者が参加した。

発表会は、まず同社の北本優子社長の挨拶で始まり、次いでPrimescanの開発責任者であるクリスチャン・シュワルツェ氏が挨拶した後、ベールに覆われた実機が登場。2人の手によってアンベールされ、Primescanが披露された。

続いて、山﨑長郎先生(原宿デンタルオフィス)と、荒井昌海先生(エムズ歯科クリニック)からのPrimescanに寄せるビデオメッセージが紹介された後、シュワルツェ氏が再登壇し、Primescanの概要説明や開発秘話が紹介された。

途中、ダンスパフォーマンスや、デンツプライシロナ社員によるPrimescanのスキャンスピードと正確性を競うデモが行われ、発表会を盛り上げた。

前半最後は、草間幸夫先生(西新宿歯科クリニック)と佐々木英隆先生(エスデンタルオフィス)をお招きし、Primescanを実際に使用した経験や感想などインタビューが行われた。

発表会の後半では、デモ機を使ったスキャン体験とパーティーが行われ、実機を手にした多くの先生方からは、精度の高さとスピードの速さを実感していることがうかがわれた。

 

 

 

Comments are closed here.

Latest Issues
E-paper

DT Japan No. 3, 2019

Open PDF Open E-paper All E-papers

© 2019 - All rights reserved - Dental Tribune International