Dental Tribune Japan

歯科医療における動物実験からの脱却

By Iveta Ramonaite, Dental Tribune International
March 30, 2021

ライプツィヒ(ドイツ):歯科研究、特に歯周病やインプラント周囲の研究において、インプラントの性能を試験するために動物モデルを使用することは、多くの利点をもたらし、この分野の進歩を促進するのに役立っています。しかし歯科専門家は、動物実験の倫理性や結果に対する人間への適用の可能性など、動物実験の欠点を認識するようになってきています。その結果、歯科科学界は歯科学における動物実験の質を向上させ、動物虐待を伴わない代替方法を開発するために多大な努力をしてきました。

現代社会では、動物由来の製品を控える人が増えており、化粧品ブランドはEUの動物実験禁止規制に対応し、世界的なビーガン運動に追いつき、販売を成功させるために、残酷な製品やキャンペーンに切り替えています。ヴィーガンのライフスタイルを実践している人の総数を推定するのは難しいですが、WTVOXに掲載された記事によると、世界には約7800万人のヴィーガンがいるといいます。ヴィーガン協会曰く、Googleの統計によると、2014年から2019年の間にヴィーガンへの関心が7倍に増加していることが示されており、同慈善団体はドイツがヴィーガン製品の開発と発売に関して世界的なリーダーの1つであることを指摘しています。同じ情報源によると、2017年7月から2018年6月までの間に、西ヨーロッパの国が世界のヴィーガン製品導入の15%を占めていました。

一般市民や有力な行政機関が問題意識を高め、動物実験を管理するための厳格な法的規制があるのに、なぜ研究目的での動物利用がこれほどまでに浸透しているのかは明らかではありません。

歯科研究における動物実験の背景にある動機

2019年にInternational Endodontic Journalに掲載された社説によると、世界では毎年推定1億1500万匹の動物が研究目的で使用されており、その多くはアメリカ、日本、中国、オーストラリア、フランス、カナダ、イギリス、ドイツ、ブラジルであるといいます。歯科研究で実験される動物で最も一般的なのは、マウスやラットなどのげっ歯類をはじめ、犬や豚、猿などの動物です。研究にラットやマウスを使用することは、費用対効果が高く、動物モデルとしての再現性が高いことから、多くの研究者に好まれています。

ある研究によると、動物モデルは特に歯周病や歯科インプラントの実験で、人間に使用する前に新規材料の生体適合性を試験するために使用されています。動物モデルを使用することで、口腔疾患や顎顔面異常の病態をよりよく理解するのにも役立ちます。例として研究者は、インプラントがその場でどの程度治癒するのか、またインプラントが周囲の組織にどのような影響を与えるかを調べるために、犬を用いた歯科実験を行うことがよくあります。しかし最近では、犬を用いた歯科インプラント実験がメディアで大きく取り上げられ、動物愛護活動家だけでなく、多くの人々が犬を用いた歯科実験の倫理性に疑問を呈しています。

動物モデルは、特定の薬剤の有効性を測定したり、治療の適合性を判断するために使用されることもあります。しかしながら、様々な研究から全人類の状態を予測できる単一の動物モデルは存在しないことが示唆されており、歯科学の様々な専門分野では、研究目的に応じて異なる動物モデルを用いて実験が行われています。

動物実験の道徳と倫理

数ヶ月前、デンタル・トリビューン・インターナショナル(DTI)は、動物の倫理的扱いを求める人々(PETA)と歯科研修や研究における動物実験に関する活動について話をする機会を得ました。PETAドイツの生物学者アン・マイナート氏はDTIに対し、2013年、PETAインドはインド歯科評議会によるインド全国の歯科研修での動物の使用を廃止する決定に関与していたと語っています。

「インドの歯科大学は、動物に害を及ぼす代わりに、費用対効果の高いコンピューター支援学習モデル、臨床演習、人間の患者シミュレーション技術など、優れた人道的な非動物的手法を使用しています。これは、世界中のトップ医学部ですでに使用されているトレーニング技術です。」と彼女は述べました。

PETAは、世界で最も著名な動物福祉の擁護団体の一つです。同社は、実験室だけでなく、食品業界、衣料品業界、エンターテイメント業界における動物の苦しみを暴き、それに対処することを目的としています。「PETAのモットーは、動物は私たちが実験するものではないということを部分的に読み取っています。」とマイナート氏はコメントしています。

マイナート氏は、動物に歯科実験を行うことは時代遅れであり、科学的および他の利点にもかかわらず、変更への抵抗を示していると考えています。さらに重要なのは、そういった実験結果は人間に適用できないため、しばしば不正確であるということです。

「歯の訓練や研究のために衆生を切り刻んだり殺したりすることは残酷で古風であり、種の間の解剖学的・生理学的な大きな違いを考えると非科学的である。」

「失敗した動物実験のパラダイムから脱却し、真の科学を受け入れる時が来た」-PETAドイツ、アンネ・マイナートより

医学と科学の進歩を促進することを目的として、PETAの国際的な加盟組織の科学者たちは、研究近代化ディールを策定し、人の健康に関連する動物以外の方法を実施するための政策ガイドを提供しています。「今こそ、失敗した動物実験のパラダイムから離れ、真の科学を受け入れる時なのです」と、マイナート氏は締めくくっています。

歯科学界での認知度向上

研究目的での動物の使用は世界各国で大きく異なるものの、明確で厳格なガイドラインによって管理されています。例えば、米国では、動物種を使用する各研究施設は、施設内に動物飼育・使用委員会を設置し、生きた温血動物を含むすべての実験プロトコルを審査し、各動物プロトコルに含まれていることを確認しなければなりません。

(1)動物を使用する正当な理由、使用する動物の数、選択した種。

(2)動物の痛みや不快感を除去したり、最小化したりするために使用する手順や薬剤。

(3)有痛な処置に代わる方法を探すために使用した方法と情報源の説明。

(4)過去の研究と不必要に重複しないようにするために使用した検索の記述。

人間の病気のメカニズムをよりよく理解し、適切な治療法を見つけるためには、動物モデルを用いる必要がある研究もありますが、歯内療法のような多くの分野では、動物実験が適切かどうか、研究の質問に対する答えを別の方法で提供できるかどうかを慎重に検討しなければなりません。人間の健康を向上させる可能性のある特定の問題を理解するためには、動物実験は今でも必要不可欠であると考えられています。しかし、実験動物実験のためのオランダのシステマティックレビューセンターは、実験された動物がしばしば非効率的または不必要に使用されるため、新薬の初期の臨床試験の大部分が失敗することを強調しました。これは、患者の健康を危険にさらし、時間と費用の無駄になる可能性があります。

動物を用いた研究の報告プロセスを進めるために、科学者たちはARRIVE(動物研究:生体内実験の報告)や3R(交換・削減・洗練)などのガイドラインを考案し、研究者がより人道的な動物研究を行い、研究エビデンスを正しく合成するのを支援することを目的としています。さらに、アメリカ心理学会が発行しているような、研究に使用する動物の福祉についてのアドバイスを提供している有用な倫理ガイドラインもあります。このようなガイドラインは、実験者が健全な推論に従っていること、そして使用される方法が科学的、技術的、人間的に適切であることを確認することで、質の高い研究を支援しています。

スイスのバーゼル大学歯科医学センターの歯周病学の大学院プログラムのディレクターであるクレメンス・ウォルター教授は、歯科学における動物実験についてDTIと議論し、次のように述べています。「最近、歯科科学界では、特に歯周病や歯科インプラントに対する認識が高まってきています。いくつかの出版物では、動物を用いた研究を批判的に評価しています。」

「これらの結果、治療効果の推定精度や報告の質、特に人間の臨床試験における複製のための成功パラメーターの報告や、方法論の質、すなわち、動物試験の検出力分析やサンプルサイズの計算など、バイアスのリスクに影響を与える問題が明らかになりました」とウォルター氏は説明しています。

書誌学的研究において、ウォルター達は、1982-83年から2012-13年の間に、歯周病学会誌と臨床歯周病学会誌という代表的でランクの高い歯周病専門誌2誌において、動物を用いた研究の発表数、実験した動物の平均数、出版物の出所の変化を探ることを目的としていました。分析の結果、それぞれの雑誌の動物実験を含む出版物の総数は、30年間で2倍に増加していることが明らかになりました。

「動物実験は人間の歯周病やインプラント周囲の疾患に関連する直接的な証拠を提供していない」- バーゼル大学、クレメンス・ウォルター教授より

マイナート氏が述べたことと同様に、ウォルター氏は、人間と動物の間には生理学的・進化的な非類似性があり、それが動物実験の妥当性に影響を与える可能性があるとDTIに語りました。「動物実験では、人間の歯周病やインプラント周囲の疾患に関連する直接的な証拠は得られません。そのためには、人間の臨床試験で再現する必要があります。」と彼は結論付けました。

科学的に証明された動物実験の代替品を探す

今日の科学的な進歩と発見は、動物実験に依存する従来の方法からの移行を大きく促進し、米国環境保護庁(EPA)のような一部の環境当局は、動物実験の削減を求める大きなイニシアチブを示しています。化学物質やその混合物の試験や、歯科用インプラントの毒性や生体適合性の試験に動物が使用されることが多いため、例として、当時のEPA長官であったアンドリュー・R・ウィーラー氏は2019年に、動物実験に代わる科学的に証明された代替法の優先順位を求める指令に署名しました。これを達成するためにEPAは、脊椎動物で新たな試験を行う必要のない戦略である新しいアプローチ法(NAM)の開発とタイムリーな導入を推進しています。

「これは、私にとって非常に重要な問題です」とウィーラー氏はDTIに語りました。「科学の進歩により、動物実験に頼った従来の方法を使わずに、潜在的なリスクをより良く予測することができるようになりました。」

「NAM を使用することで、多くの化学物質、幅広い範囲の潜在的な生物学的影響をより短い時間枠で、より少ないリソースで評価することができ、同時に同等以上の結果を得ることができます。」と彼は説明しました。「今後も、動物実験要件の削減、代替、改善に向けて、パートナーとの協力関係を継続していくことを期待しています。」

動物実験に代わる方法としては、インビトロやインシリコ細胞培養などの動物以外の方法を用いることが挙げられ、これは動物実験に代わる方法として広く用いられています。しかしながら一部の科学者は、細胞培養を使用することで実験に動物の使用を減らすことができますが、臓器と組織の間の相互作用を完全に再現することはできないことを示唆しています。他の方法としては、数学的モデルやコンピュータモデルを用いる方法があります。場合によっては、人間のボランティアから提供された健康な組織や病気の組織を、人間の生物学や病気の研究に利用することもあるといいます。

前向きに進む

動物実験は厳格な法律や倫理的配慮の対象となっていますが、動物実験は今でも世界中の多くの大学や医学部で広く受け入れられています。動物研究は多くの医学の進歩に大きく貢献し、何百万人もの人々の命を救ってきました。動物実験は、その利点があると思われているにもかかわらず、費用と時間がかかります。また、動物実験の結果は人間には適用できないため、誤解を招きやすく、信頼性に欠けることが多いということも多くのエビデンスから示唆されています。

このことを念頭に置いて、動物の苦痛を減らし研究をさらに進めるためには、科学的な進歩を続け、動物福祉に配慮した利用可能な研究の選択肢を検討していくことが必要です。Cruelty Free Internationalのウェブサイトにあるように、「動物実験を置き換えることは、人間の患者を危険にさらすことを意味するものではありません。また、医学の進歩を止めるという意味でもありません。むしろ、動物実験を置き換えることで、私たちの科学の質と人間性を向上させることができるのです。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International