Dental Tribune Japan

新型コロナウイルスパンデミック時の適切な個人用防護具(PPE)選択の重要性を研究者が強調

By Dental Tribune International
March 03, 2021

ポルトガルのオポルト。最近発表された論文は、臨床歯科医療における新型コロナウイルスの管理に関する3部作シリーズの第2弾で、歯科医療従事者による個人用保護具(PPE)の選択と使用について、予定されている処置に関連するリスクのレベルに基づいて説明することを目的としています。研究者らは、個人用保護具の適切な着脱の重要性を強調するとともに、感染のリスクと関連している可能性があるため、適切な機器を選択することが重要であるといいます。

研究が進むにつれ、科学者たちは新型コロナウイルスがどのようにして拡散し、どのようにして感染を食い止めることができるのかをよりよく理解できるようになってきています。歯科医療の現場での個人用保護具はこの点において重要であり、歯科医療従事者は普遍的な予防措置の最適化に向けて継続的に取り組み、自分と患者をウイルス感染から確実に保護するための措置を採用すべきです。シリーズの第1部で説明したように、ポルトガルのポルト大学、大学保健科学研究所、フェルナンド・ペソア大学の研究者は、個人用保護具の選択は、地域の疫学的設定、患者の特性、予定されている処置のリスクレベル(低、中、高)に直接依存することを繰り返し述べています。

歯科治療中の感染リスクが高ければ高いほど、歯科スタッフをウイルスの感染から守るために、量的にはより多くの個人用保護具が必要となる。(画像:ポルト大学より)

マウスウォッシュで感染リスクを低減できるかもしれない

適切なスーツを着ることに加えて、もう一つのステップが推奨されています。歯科治療を開始する前に、患者は歯科医療従事者の汚染リスクを軽減するために、消毒剤入りの洗口剤を使用し事前に口をゆすぐ必要があります。このステップで新型コロナウイルスの感染を防ぐことができるという臨床的証拠はありませんが、科学者たちは新型コロナウイルスが酸化に弱いことを知っています。1%の過酸化水素のような酸化剤を含むプレプロシージャルマウスリンスは、唾液ウイルス負荷を減少させることが示唆されています。

新型コロナウイルスからの保護は多くの要因に依存する

ワクチンが普及していない限り、できるだけ多くの保護措置をとることに越したことはありません。しかし、個人用保護具の利用への可能性は国によって異なります。個人用保護具へのアクセスが限られている場合、研究者らは、消毒対策を強化するとともに、手動の器具やエアロゾルを発生させない器具を使用して、絶対に必要で低侵襲な治療のみを行うことを歯科医療従事者に奨励しています。さらに、手指衛生、呼吸器エチケット、社会的距離感、新型コロナウイルスの症状に関する知識などの基本的なプロトコルについて、すべての医療従事者のトレーニングを促進し、強化すべきです。

基本的なこと

適切な個人用保護具キットには、以下のものが含まれるべきである:身体保護具(長袖、耐水性ガウン、キャップ/ボンネット)、目の保護具(眼鏡またはフェイスシールド)、マスク、手袋、臨床用履物。

また、個人用保護具の着脱も重要であり、医療従事者はこれについて指導を受けるべきです。研究者らは、個人用保護具を装着する前に歯科医療従事者は、宝石類を全て外し、脱水症状を防ぐために必要に応じて水を飲み、機器の適合性を確認しておくことを推奨しています。治療中は、保護具の調整をしてはいけません。さらに、個人用保護具は正しい順序で装着しなければなりません(手指衛生、ガウン、呼吸器、キャップ/ボンネット、保護眼鏡/フェイスシールド、手袋)。個人用保護具は標準的な手順に従って、迅速な動きは取らずに取り外してください。感染の危険を避けるため、汚染された手は清潔な場所や皮膚に触れないようにして下さい。個人用保護具の廃棄は慎重に行い、使い捨てのものは感染性の高い廃棄物に定められた方法で廃棄します。

問題に含まれる前に、「臨床歯科医療における新型コロナウイルスの管理Part II:歯科医療従事者のための個人用保護具」と題した本研究は、2021年1月18日にインターナショナル・デンタル・ジャーナルのオンラインで掲載されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International