Dental Tribune Japan

咀嚼習慣の変化がインプラントの劣化の原因と判明

By Franziska Beier, Dental Tribune International
February 02, 2021

モスクワ(ロシア):歯科インプラントの文脈における咀嚼習慣の変化の影響は、まだ十分に研究されていませんでした。このたび、セチェノフ第一モスクワ州立医科大学とルムンバ大学の研究者が、インプラント手術後の支配的な咀嚼側の変化がインプラントの失敗の原因になる可能性があることを発見しました。この研究結果は、歯科医師が患者の予防戦略を立案する際に役立つ可能性があります。

インプラントの質の高さと技術の進歩により、歯科インプラント学は非常に高いレベルの成功を収め、約95%の生存率を誇っています。晩期合併症が唯一の懸念事項となっています。

これらの合併症は、主に手術前にインプラントへの負荷を誤って計算した場合に発生する微小外傷と関連しています。過度の負荷は、金属と骨の接合部に障害をもたらす上に細菌の侵入を許して炎症を引き起こすことになり、ルムンバ大学の研究者による最近の研究についてのプレスリリースに記載されています。

研究者らは、術後数ヶ月で患者が支配的な咀嚼側を変えた場合、インプラントに追加のストレスが生じる可能性があると示唆しました。プレスリリースによると、患者の支配的な咀嚼側が変更される可能性があるのは例として、歯の炎症が原因であると言われています。患者がインプラントに慣れるまでには約3〜4ヶ月を要し、その間に支配的な咀嚼側が変化する可能性があるため、術前の荷重計算が無効となる可能性があります。

咀嚼習慣はインプラント適応に重要な因子である。

臨床試験において研究チームは、支配的な咀嚼側の変化の影響を評価するため、顎の片側のみに1本または2本の歯のインプラントを受けた64名の患者のリハビリテーションの経過をモニターしました。対照群は、下顎の歯列に軽度の欠損を示し、硬組織や軟組織の疾患を持たない56人で構成されていました。

歯科インプラントを受けた患者のうち、40人(62%)が3~6ヶ月以内に支配的な咀嚼側を変えました。研究者らはこれを「有界欠損が形成される前に存在していた状態に戻ったもの」とみなしました。データによると、歯科用インプラントの適用と固定後、これら40人の患者の通常の支配的な咀嚼側を取り戻す過程では、咀嚼側を維持していた24人(38%)と比較して、全体的な治療成績の悪化が高くなることが示されました。インプラント手術から3~6ヶ月後、第1群の患者のインプラントへの適応度は22.3%であったのに対し、第2群の患者は9.3%でした。対照群では、研究期間を通じて平均9.6%のスコアを示しました。

「咀嚼の支配側の変化は、人が歯科インプラントに適応するための重要な要因です。我々の研究によると、この変化は病理学的プロセスの原因となり、最終的にはインプラントを失う原因となることもあります。歯科医師は、このような変化の存在を認識し、術後のリハビリテーション計画を立てる際に考慮し、定期的な検診でその兆候を確認する必要があります」と、共同執筆者であるルムンバ大学補綴歯科学科のイゴール・ボロノフ教授はプレスリリースで述べています。

「有界側方欠損のインプラント支持固定式歯科用プロテーゼの予防戦略を調整するための重大な因子としての咀嚼の支配側の変化」と題した本研究は、2020年8月20日にヨーロピアン・ジャーナル・オブ・デンティストリーに掲載される予定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International