Dental Tribune Japan

口腔内スキャナーの精度に違いがあることが判明

By Dental Tribune International
March 15, 2021

ソウル(韓国):口腔内スキャナーは30年以上前から普及しており、歯科医院での使用が増加しているにもかかわらず、デジタルインプラントスキャンの3D精度を評価した研究はほとんどありませんでした。ソウル大学歯学部の研究者は、インプラントコンポーネント間の不一致を最小限に抑える必要があるため、10台の口腔内スキャナーを用いてシミュレーションされたインプラントスキャン体の位置を決定する際の真偽を評価しました。

研究者たちは、口腔内スキャナーの間で3D精度に有意な差はなく、スキャン体の位置が真偽に影響を与えないという帰無仮説を検証しました。

CEREC OmnicamとCEREC Primescan(Dentsply Sirona)、CS 3600(Carestream Dental)、DWIO(Dental Wings)、i500(Schütz Dental)、iTero Element(Align Technology)、PlanScan(Planmeca)、TRIOS 2とTRIOS 3(3Shape)、True Definition(3M)の性能を評価し、部分無歯顎モデルのインプラントスキャンボディをシミュレートした6つのシリンダーの正確な位置を取得しました。また、各口腔内スキャナーからのデジタルスキャンを、座標測定機を用いて得られた基準データセットと比較しました。x、y、z軸に沿った6本の円柱の実際の位置からの偏差、並びにデジタルスキャンの全体的な3D偏差を計算しました。

最初の帰無仮説に反して、研究者らは、口腔内スキャナーの種類とシミュレートされた円筒状のスキャンボディの位置が精度の偏差の程度と方向に影響を与えることを発見しました。偏差が最も低いのは基準原点に隣接する円柱部であり、最も高い偏差はすべての試験を行ったスキャナの対極側で観察されました。CEREC Primescan とTRIOS 3 が最も真度が高く、i500、TRIOS 2、iTero Element が続きましたが、その差は統計的には有意ではありませんでした。DWIOとPlanScanは、部分無歯顎デジタルインプラントスキャンの精度が最も低い事が分かりました。

第2の帰無仮説である、スキャン時の体の位置は真偽に影響を与えないという仮説も棄却されました。スキャンが基準点から離れているほど、偏差は大きくなっていました。この結果は、画像のスティッチング時にエラーが蓄積されることにより、デジタルインプラントスキャンの真正性が低下することを確認した先行研究と一致しています。

研究グループは、デジタルインプレッションがin vitroモデルで収集されたことが研究の限界であり、患者の動きや軟部組織の存在、水分などの要因によって結果が影響を受けるin vivoシナリオとは異なる可能性があると指摘しています。

研究の著者たちはこう結論付けています。「特に長尺の補綴物や器具の製作には、正確な完全アーチスキャンが可能な[口腔内スキャナー]の使用をお勧めします。」

「模擬インプラントスキャン体の位置決定における10台の口腔内スキャナーの真偽」と題されたこの研究は、2021年1月28日にScientific Reports誌に掲載されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2021 - All rights reserved - Dental Tribune International