Dental Tribune Japan

透明アライナー その技術の進歩に注目

By Brendan Day, DTI
October 30, 2017

透明アライナーは、まだ比較的新しい歯科矯正治療法であるが、審美的に好ましく、かつ、快適な選択肢を提供するので、固定式矯正装置に代わる矯正装置として認知度を高めている。しかし、近年、アライナー技術は急速に進歩しているものの、まだ多くの歯科医に認知されておらず、採用率が上がらない原因となっている。本記事では、アライナー治療とその進歩について報告する。

従来、歯列不正の矯正は固定式矯正装置を用いて行われてきた。一方、1999年、アライン・テクノロジー社がインビザラインシステムの市販を開始し、歯科矯正の進路を変えた。透明アライナーであるインビザラインは、正しい使用によって、固定式装置による矯正に伴うことのあるプラークの堆積、歯肉後退、および軟組織の炎症を最小限に抑えることができ、歯科矯正治療の有効な選択肢をもたらした。さらにインビザラインは、金属部品がまったくないことから審美的利点をもたらすとともに、いつでも(特に食事中)取り外すことができるので、歯科矯正治療において過去に類のない水準の快適さと衛生管理を装着患者に提供した。

 

アライン・テクノロジー社は、最近導入したインビザラインGoシステム(審美的歯列矯正ソリューションを用いて、適合する症例を特定し、治療計画ならびに治療プロセスについて一般歯科開業医を指導することを目的とする治療プログラム)により、透明アライナーの世界市場リーダーとしての地位を確立した。それ以来、この治療法の価値が他社によって認められてきた。この注目の高まりは、透明アライナーの型取りおよび製造の高度化の急速な進展につながった。しかし、アライナー療法に関する教育と研究の促進に取り組む欧州で唯一の国際機関であるヨーロッパアライナー矯正歯科学会(EAS)のSecretaryを務めるLes Joffe博士は、これらの進歩がすべての歯科医によって十分に認識されるには至っていないことを認めている。デンタルトリビューンとのインタビューにおいて、「歯科医療従事者は、最新ではない情報や技術に基づいてアライナーの適合性に関する判断を下すことが多い」と博士は述べた。博士はさらに次のように語った。「アライナー治療が限定的であると誤解している臨床医が多数存在する。多数の臨床医が、自己の見解の根拠をアライナー開発の初期段階、すなわち、2001~2003年頃に置いている。それから15年以上経過した現在、大幅に向上したアライナーの性能が十分に理解されておらず、それ故、本治療法が採用されず、または提供されない」

 

このような透明アライナー技術の大きな進歩の一例として、個々のアライナーを各患者のニーズに合わせてカスタマイズする機能を備えた、きわめて高度な3Dモデリングソフトウェアとの統合が挙げられる。「透明アライナーは歯科矯正を著しく変化させた」とNimroDENTAL Orthodontic Solutions社の透明アライナー部門長を務めるAgnieszka Dziedziul氏はデンタルトリビューンに語った。NimroDENTAL社は1991年に設立された欧州の大手歯科矯正研究機関の一つであり、歯科診療との協業において、4種のアライメントシステムを使用している。「当社が15年前に透明アライナーの製作を開始した頃は、石膏模型上で手作業により可動部を製作することしかできなかった。今日では、高度なソフトウェアと最新の3Dプリンタを駆使して、不正咬合の大半を矯正できる透明アライナーを製作している」とDziedziul氏は語った。

 

歯科医の透明アライナーの利点に対する認識不足は、この治療法に関する科学的研究の不足に起因することがあった。しかし、アライナー療法の進歩と普及に伴って、その効果と患者満足度に関する研究も増加の一途をたどってきた。例えば、固定式矯正装置を装着した患者と、インビザラインシステムによる治療を受けた患者との間で、口腔の健康状態と満足度を比較した2015年の研究が専門誌『BMC Oral Health』に掲載されている。この研究は、全体的にインビザライン装着患者の方が満足度が高く、プラークの付着が若干低いレベルであることから、歯周組織の健康についても当該患者の方が優れていることを明らかにした。2013年に実施され、専門誌『The Angle Orthodontist』に掲載された別の研究によれば、アライナー治療を受けた患者は、従来のエッジワイズブラケットによる治療を受けた患者と比較して、歯科受診の回数が著しく少なく、また治療期間も短く、緊急受診の回数も少なく、総治療時間も短い。

 

アライナー療法は、歯科矯正において最も急速な成長を遂げている分野の一つであるが、その重要な推進力となっているのは、アライナーを固定式矯正装置に代わるより快適、便利かつ信頼できる矯正装置であると認める患者の存在である。市場調査会社テックナビオ社は、2016年から2020年までの4年間で、この市場が世界的に12.68%の年平均成長率を示すと予測しており、従って、団体がアライナー療法に関する教育と、この療法に対する認識の向上を図る必要性は極めて高い。2007年にGerman Association for Aligner Orthodonticsが、2012年には日本アライナー矯正歯科研究会が設立され、両団体とも、アライナー療法の適用と利点に対する認識を向上させる場を育てることを目指している。

 

その後、2013年にEASが設立され、Graham Gardner博士が初代および現在の会長を務めている。透明アライナーで使用される最新技術に関する教育の推進を目的に、EASは2017年2月18日にオーストリアのウィーンで第1回AlignerLabワークショップを主催。本ワークショップは、2016年2月の第1回EAS会議の成功に続くものであり、3D口腔内スキャン、3Dプリンティング、仮想治療計画法など、歯の移動を加速する手法に関するさまざまなハンズオンセッションに参加する機会を臨床医に提供する。

 

Gardner博士は、AlignerLabでは、アライナー療法がこのような短期間でどこまで成長したかに焦点を当てるとした。「利用できる3D治療計画や製造プロセスが急増する状況の下、我々EASは、利用可能なさまざまなアライナーシステムに関する知識を新たにするとともに、アライナーシステムの最適化と治療成績の向上のために必要な関連ハードウェア(例えば、スキャナ、コンピュータ、ソフトウェア、3Dプリンタ)について理解する必要がある」と博士はデンタルトリビューンに語った。博士は、このイベントが定期的に開催され、歯科医療従事者が新しいシステムやアライナー技術の発展について、検証や比較を行うことが可能になるのが理想的であるとした。

 

出典:Ortho Tribune UK Vol. 11, No. 1, 2017

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2019 - All rights reserved - Dental Tribune International