Dental Tribune Japan

インプラント周囲炎の治療に 有効な新しい外科的処置

By Dental Tribune International
October 30, 2017

ソウル(韓国):インプラント周囲炎の最も一般的な原因はインプラント表面へのバイオフィルムの形成である。よって、表面に付着した汚染を効果的に除去することは、インプラントの失敗を回避する上で不可欠である。韓国の研究者が新しい外科的処置を試行し、インプラント周囲炎の治療における有望な結果を示した。

この研究では、重度のインプラント周囲炎を呈する男性患者(50歳超)2名を対象とした。臨床医はチタン合金製毛先を備えた丸型ブラシR-Brush(Neobiotech社)を用いて汚染されたインプラント表面を清掃した。さらに、インプラント周囲の骨を再形成させるために、骨移植材を利用した再生治療を実施した。
「チタン製ブラシは、インプラント表面のバイオフィルム除去において極めて効果的であることが証明された」と研究者は記している。ブラシは汚染された元の粗糙表面を除去するだけでなく、新たなインプラント粗面を形成した。この新たに形成された表面は再生過程の成功率および予知性を向上させることが、治療後3カ月、6カ月、および12カ月目のフォローアップ評価により示された。
2年にわたるフォローアップ期間中、骨レベルは維持された。根尖周囲部のエックス線写真では安定した歯槽骨の高さが示され、骨吸収は近心および遠心側のいずれにも認められなかった。
「本結果は、プラークにより汚染され骨欠損を伴っていたインプラント表面に再オッセオインテグレーションが起こりうることを示した過去の研究結果に一致している。重度のインプラント周囲炎の治療に関する類似のプロトコールはいまだ存在しないが、R-Brush を用いたこの2症例は、デブライドメントが骨とインプラントの再オッセオインテグレーションをもたらし、このオッセオインテグレーションはより粗糙化されたインプラント表面でより顕著になりうることを示している」と研究者は記している。
本処置では、有望な結果が得られたことに加え、プラーク除去に対する保存療法(局所的または全身的な抗菌薬の投与とキュレタージの併用や、レーザーおよび超音波装置の使用を含む)と比較して、チェアータイムの短縮という重要な利点がある。研究者の論文によると、1症例においてはR-Brushを用いて8本の露出スレッドが処置され、その所要時間は約4分であった。
しかし、「検討された症例数が少ないことから、記述された方法の有効性については臨床試験によるさらなる調査が必要である」と研究者は結論付けている。

本研究は「インプラント表面の汚染を除去するチタン製丸型ブラシを用いた重度のインプラント周囲炎の治療:臨床的再入に関する症例報告」という表題でJournal of Oral Implantologyの6月号に掲載された。

出典:News Asia Pacific 2017/07/13

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2019 - All rights reserved - Dental Tribune International